セキュリティ面の対策はどのようなものか

屋内型のトランクルームのセキュリティ

トランクルームは、洋服やアウトドアアイテムなどの荷物を一時的に預けることができます。自宅に収納スペースがあまりない人にとって便利な存在だと言えるでしょう。ただ貴重品を預ける場合、セキュリティ面について危惧する人は少なくはありません。まず屋内型のトランクルームの場合、入り口にスタッフが常駐して身分証明書提示による本人確認を行っています。また、トランクルームごとに鍵が設置されている他、監視カメラや警備会社のシステムを導入しているところもあります。換気口など天井からの侵入を防ぐ対策も取られていることから、セキュリティ体制が万全に整っていますよ。万が一、盗難や火災などの事故があった場合、補償が受けられる仕組みにもなっています。そのため、安心して大切なものを預けることが可能です。

屋外型のトランクルームのセキュリティ

屋外型のトランクルームの具体的なセキュリティ対策というと、トランクルームごとに鍵がついている他、防犯カメラが敷地内に設置されています。また、スタッフが定期的に巡回を実施するなどしています。さらに、トランクルームの運営会社が大手企業の場合、警備会社と提携しています。ただ屋内型のトランクルームと比べるとセキュリティはあまり充実していません。その理由は、屋外のトランクルームは大きな通りに面していることが多いからです。つまり、車や人通りが多い場所にあることから、窃盗が起こりにくいと言えます。また、キャンプ用具や家電などの大型のアイテムを収納することが多いことから、盗難に時間と手間がかかることも挙げられます。

© Copyright Storage Space. All Rights Reserved